メインイメージ画像

時給の高いバイトの仕事の探し方をお教えしましょう

イメージ画像

時給の高いバイトの仕事の探し方をお教えしましょう。時給が高いバイトは人気が集中するので、すぐに募集が終わりますから、バイト情報誌や広告などで探しても、その時点で募集終了していることがほとんどです。したがって、常に最新情報が分かるネット上のサイトで探すのが効率的です。他に、派遣会社に登録して、高時給のバイトが入り次第すぐ連絡してもらうよう話しておくのも一つのやり方です。探し方は色々ありますが、気になるバイトがあればなるべく早く、応募することが重要です。

バイトやパートでも社会保険に加入するためには、一週間の勤務する時間が正社員の4分の3以上になることと、ひと月間の労働時間の合計が正社員の4分の3以上であることなどの条件を満たしていなければならないでしょう。しかし2か月以内の短期間の契約である場合や、日雇いのバイトである時は、社会保険に加入しなくてもよいと決められています。自身のバイト先の会社と長期間の契約を結んでおり、また更に勤務した日数や勤務した時間が条件を満たすならば、万が一働けなくなった時のことを考えて、社会保険に入った方が良いといえるかもしれません。有給休暇が貰えるのは社員だけだ・ニ思っている方も多いことでしょう。バイトやパートでも有給をもらうことが可能です。

6ヶ月以上働いていて、さらに全体の労働日の80%以上出勤したといった人には有給休暇を与えなければなりませんと法律によって定められているのです。条件を満たしていれば、学生でも有給を取るということも可能です。しかし大半の企業ではバイトに対して、有給についての説明などをしないことが多いのが現状といえるでしょう。条件となる項目を満たすのであるならば、ベテランの人や上司などに有給休暇について確認をしてみてはいかがでしょうか。学生や主婦といった、年代によって、希望するバイトの時間帯は変わってきます。

家庭を持つ女性は、子供が学校であるウィークデーの昼間を主とした時間帯、学生の場合は暇な夜や週末を普通は希望するのでしょう。よし働こうと動いても、よほど多数のバイトがある地域でなければ、働きやすい時間帯は激戦です。それでチャレンジしてほしいのは、できれば、時間帯を変えてみることです。子供を持つ女性であれば、子供が登校する前の早い時間や、パパに子供を預けさせてもらうことが可能な週末、大学生であれば授業がない平日の昼前後、というような感じです。